秘密の時間が持てないのが辛かっただ

我々がナースの仕事をして一番に辞めたいと思った理由は、さっそく非公開の年月を持つことができないところです。我々には交際してある男性がいました。付き合い5階層目なこともあり、年齢チックにもこれからお互いに婚姻を決めるという話にもなっていたのです。でも我々自身のナースとしての仕事が至って忙しく、我々が夜勤の時に亭主は日勤で、ウィークデーも出会えることが無くなり、久し振りの休日もうんざりと疲れてしまってどこへも立ち寄ることがありませんでした。亭主にはほんとに大変をかけました。我々が仕事をして疲れているときは、清掃や洗濯などを洗い浚いこなしてくれていたのです。ナースとしてはたらく結果大切なヒューマンを失うのではないかという憂慮がありました。行き違いの毎日が続き、ついに亭主から別れを申し込まれたのです。婚姻を通じてもこうした身辺が貫くのでは後々が見えないといったいわれました。その時に、今まで大変をかけてしまったことを思い起こし、ナースの仕事を辞めたいというようになりました。自分のくらしが仕事で奪われて仕舞うような、こんな難儀があったのです。通常亭主は離れることになってしまいました。ややショックで食欲もなくなりました。仕事って非公開をかしこく両立もらえるヒューマンが、ナースに向いています。